FX検証ブログ

MT4を駆使してロジック検証_(:3」∠)_

一目均衡表

一目均衡表の基本的な見方 転換線と基準線

投稿日:

今日もテクニカル指標を紹介して記事にしていきます。

今日は一目均衡表です。

一目均衡表は名前からもわかりますが、日本生まれのテクニカル指標です。

昭和11年に細田悟一という人に考案されたそうです。

 

一目均衡表の計算式

一目均衡表には5本の線が使われています。

それぞれを簡単に紹介しますね。

転換線・・・(過去9日間の最高値+最安値)÷2

基準線・・・(過去26日間の最高値+最安値)÷2

先行スパン1・・・(転換線+基準背)÷2を当日を含めた26日先に先行させた線

先行スパン2・・・(過去52日間の最高値+最安値)÷2を当日を含めた26日先に先行させた線

※先行スパン1と先行スパン2の間は塗りつぶされ「雲」と呼ばれる

遅行線・・・本日の終値を当日を含めた26日後ろに書き込んだ線

 

一目均衡表の見方

一目均衡表は5本も線があるので見づらい・わかりづらいという感想を持つ人が多いと思います。

しかし、その基本的な使い方は移動平均線とよく似ていて、特に転換線と基準線のクロスで相場転換を示唆するというのは移動平均線と考え方がよく似ていますね。

参考:FXで移動平均線を表示させよう

 

ユーロドル日足

 

転換線は短期移動平均線

基準線は長期移動平均線

という見方をすると2本の移動平均線のクロスで売買すれば利益をあげられそうです。

ただ、移動平均線と異なる特徴があって、移動平均線は比較的なめらかな曲線を描きますが、一目均衡表の転換線と基準線は曲線にはならず、カクカクしたジグザグ線みたいな感じになります。

 

転換線と基準線は向きが大事

転換線が基準線の下を割り込んだら売り相場

転換線が基準線を上回ったら買い相場

おおざっぱにはそんな使い方ができるでしょう。

しかし、転換線は横ばいから下向きにチェンジしたとき

横ばいから上向きにチェンジしたとき

クロスをしなくても転換線の向きが変わるだけで相場の潮目が変わってきているという見方ができます。

クロスまで待つとかなり仕切りや新規建玉が遅れてしまいますが、その時間の問題を解消してくれるのが転換線の向きです。

もし、上げ相場で建玉を持っていて、転換線が横ばいから下向きに変わったら仕切りを入れる、などの使い方ができます。

 

-一目均衡表
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一目均衡表 雲の見方

日本の相場師一目山人が開発した一目均衡表。 一目均衡表には5本も線が引かれていてかなり難しそうなテクニカル指標です。 しかし一目均衡表は難しいというよりは奥が深いという言葉がぴったりなテクニカル指標だ …