FX検証ブログ

MT4を駆使してロジック検証_(:3」∠)_

一目均衡表

一目均衡表 雲の見方

投稿日:

日本の相場師一目山人が開発した一目均衡表。

一目均衡表には5本も線が引かれていてかなり難しそうなテクニカル指標です。

しかし一目均衡表は難しいというよりは奥が深いという言葉がぴったりなテクニカル指標だと思います。

 

前回の記事で一目均衡表の最も基本となる転換線と基準線について書きました。

>>一目均衡表の基本的な見方 転換線と基準線

 

今回は一目均衡表のなかでも特徴的な雲の見方について記事にします。

 

一目均衡表の雲の見方

 

一目均衡表の雲は先行スパンAと先行スパンBの2本の線に囲まれたところを塗りつぶしたものです。

2本の線のそれぞれの計算方法は以下の通り

先行スパンA・・・(転換線+基準線)÷2を当日を含めた26日先に先行させた線

先行スパンB・・・(過去52日間の最高値+最安値)÷2を当日を含めた26日先に先行させた線

 

先行スパンは当日の基準線と転換線を足して2で割るということをしたあとに、26日先(当日含む)にズラすというなかなか面倒なことをしています。

26日先にズラすことでどんなことがわかるのでしょうか?

26日先に書き込むということは、最新のローソクがあるところの先行スパンAは26日前の基準線と転換線の平均値です。

そもそも、基準線も転換線も期間こそ違えど平均なのですから、先行スパンAは平均値の平均ということで相場の高低の目安となりそうな気はします。

 

そして先行スパンBは過去52日間の高値と安値を足して2で割って、26日先に描いたもの。

52日間といえば、だいたい2ヶ月くらいでしょうか。

最近2ヶ月の高値と安値を2で割ったものということで、これもまた相場の基準として機能しそうな感じがします。

 

先行スパンAと先行スパンBの2つの基準をゾーンとして表しているのが雲です。

 

先行スパンAは平均の平均

先行スパンBは52日という長い期間中の最高値と最安値の平均

 

どちらも相場を大局から見た場合の水準としての働きがあるように思いませんか?

 

さらに2本の線は26日先にプロットして描いている。

つまり、ローソクと雲の関係は26日前の相場と比較してどうなのかということを示しているといえます。

ローソク足が大局としての水準を下回るのか上回るのかということは相場参加者にとって重要な指標となります。

単純化して言えば、雲を下抜けたら売り、雲を上抜けたら買いということが言えるわけです。

 

雲を抜けたら買い売りシグナル

一目均衡表はトレンドフォローの指標です。

つまり売られすぎや買われすぎという行き過ぎ感を見るものではなく、相場が一方向に伸びていくことを示唆しているわけです。

 

雲は相場の水準としての意味が強いですから、雲を上に抜けたのなら買相場、雲を下抜けたのなら売相場という見方ができます。

理想を言えば、この雲が厚みを増していくような状態だとトレンドも長く続く傾向にあります。

ユーロドルの日足チャートに一目均衡表を重ねてみました。

長い上昇トレンドを描いていますが、このときの相場は雲がどんどん厚みを増しているのがわかります。

こういう状態は強気で買っていける相場ですね。

 

相場の転換を示す雲のねじれ

雲は2つの水準を示すゾーンですから、このゾーンを抜けるということは大きな流れが変わってきていることを示しています。

言い方を変えると、雲はサポートやレジスタンスの意味を持っています。

雲が分厚ければそれを抜けきるのはかなり大変なはずです。

逆に雲が薄ければサポート・レジスタンスの根拠はそれほどないことを意味します。

ですから、雲がねじれているところは相場が転換しやすいという見方もできるわけですね。

 

上のチャートはユーロドルの日足。

上昇トレンドが一服して雲の薄いところを下抜け

その後雲をレジスタンスとして下落が続いています。

雲に注目しているとトレンドの転換点をある程度予測しトレンドの頭をつかむことができたりします。

 

まとめ

  • 一目均衡表はトレンドフォロー指標
  • 先行スパンAと先行スパンBの間が雲と呼ばれる
  • 雲は大局的に見た相場の水準
  • 雲がねじれているところは転換点、厚みを増していくならトレンドが続くと見る

-一目均衡表
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一目均衡表の基本的な見方 転換線と基準線

今日もテクニカル指標を紹介して記事にしていきます。 今日は一目均衡表です。 一目均衡表は名前からもわかりますが、日本生まれのテクニカル指標です。 昭和11年に細田悟一という人に考案されたそうです。 & …