FX検証ブログ

MT4を駆使してロジック検証_(:3」∠)_

テクニカル分析 移動平均線

FXで移動平均線を表示させよう

投稿日:

相場のテクニカル指標移動平均線

相場で利益を上げるために欠かせない指標が移動平均線です。

テクニカル指標はたくさんありますけど、中でも重要度が高いのが移動平均線です。

 

そもそもなんでテクニカル指標が必要なのか?

株やFXは売り買いが交錯することで値段が上下します。

価格そのものを見ているだけでは上がるのか下がるのかわかりづらいんですね。

たとえば上のチャートは上下を繰り返し、相場が強いのか弱いのかわかりづらくなっています。

しかしこれに移動平均線を加えてみると見えてくるものがあります。

 

黄色い線は短期移動平均線、白い線は長期移動平均線です。

 

短期移動平均線が長期移動平均線に近づくことはあってもそれが反対にひっくり返ることはありません。

つまり買われる傾向が強いということですね。

 

価格自体は上下を繰り返しているけれど、買われる傾向が強く、安く下がってきても下値は限定的ということが移動平均線をかぶせることで明確になります。

 

移動平均線とは?

移動平均線とは一定の期間の終値を採用して、その平均値を表したものです。

多くの場合は短期移動平均線と長期移動平均線のように、期間のことなる移動平均線を組み合わせて使います。

たとえば、10日移動平均線と20日移動平均線を組み合わせるとこんな具合です。

10日と20日移動平均線

 

黄色い線が10日移動平均線、白い線が20日移動平均線です。

10日移動平均線は10日間の終値の平均線

20日移動平均線は20日間の終値の平均線

当然、10日のほうが実際の価格に敏感で20日のほうが価格の上下に対して緩やかに反応します。

 

平均線がクロスすることを「ゴールデンクロス」だとか「デッドクロス」だとか言います。

 

クロスは相場の逆転を示す

短期移動平均線が長期移動平均線を上回ることを「ゴールデンクロス」と呼び、強い買い傾向を示します。

反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を下回ると「デッドクロス」と呼び、買い相場が終わり売り相場が始まるとされています。

 

なので、誤解を恐れずに言えば、ゴールデンクロスが起きれば買い、デッドクロスが起きれば売っていれば儲かるといえます。

まあ、これだけで相場に参加するのは危険ですが、まずFXのチャートに慣れるという意味でゴールデンクロス、デッドクロスを見つけるようにしてみましょう。

そして、ゴールデンクロスの後に上昇傾向があるか、デッドクロスの後に下落傾向があるのか確かめてみましょう。

 

-テクニカル分析, 移動平均線

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MACDの見方を知る MACDの計算式

どこのFX証券会社の口座を開いても必ずといって使えるテクニカル指標のひとつにMACDがあります。 MACDはヒストグラムというバー状のグラフが山や谷を作っているのが特徴でなかなか興味深い見た目をしてい …

使える移動平均線はどれ? 移動平均線はこれだけ知ってれば大丈夫

テクニカル分析を始めて最初に取り掛かる指標はおそらく移動平均線なんじゃないかなと思います。 それくらい移動平均線はポピュラーでわかりやすく、かつ分析の道理にかなっている指標です。   今回の …

FXはトレンドに乗れ ダウ理論の話

さあ今回から実際にどのような場面で注文を発注するか記事にしていきます。 どういう風になったら買うのか売るのかという話ですね。 「なんか上がりそうだから買う」 「なんか不穏だから売る」 こういう適当なト …