FX検証ブログ

MT4を駆使してロジック検証_(:3」∠)_

基礎知識

サラリーマンでもできるスイングトレードでどれくらい稼げる?4つのメリット

投稿日:

トレード手法は大きく分けて

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期投資

の4つに分かれると言われています。

 

最も人気なのは数秒~数十分でトレードが完結するスキャルピングトレードです。

短時間で取引が完結するスキャルピングトレードは副業にもぴったりのイメージでサラリーマンのかたでチャレンジしているひとも結構いると思われます。

 

実際、職場の同僚にもFXスキャルピングをしている人は何人も見てきました。

それくらいメジャーでやりたくなる手法だと言えます。

 

ただ、スキャルピングはずっとチャートに張り付いてないとなかなかチャンスにめぐりあいませんし、一回ポジションを持ってしまうとそれを決済するまでチャートから目を離せないのが欠点ですね。

 

いや、もちろん指値注文とかOCO決済とかを入れておけばずっと見てなくても大丈夫なのですが、ポジションを持ってしまうと目が話せない・気になってしまうというのが現実です。

 

職場の同僚は仕事中にやっててこそこそ隠れてスマホを見てました。

本人は周りにバレてないつもりなんでしょうけど、周りから見れば一目瞭然でしたw

 

 

スイングトレードなら落ち着いて取引できる?

スイングトレードはポジションを取ってから数日~数週間ポジションを持ち続けるトレードスタイルです。

 

スキャルピングと比べてゆったりとトレードに向き合えるのが特長です。

 

あくまで主観的な考察ですが、スキャルピングよりもスイングトレードのほうがトレードのスキルが身につきやすいと感じます。

 

スキャルピングだとどうしても取引回数が多くなり、一回一回のトレードがいい加減な気持ちになりがちです。

 

よく考えないでポジションを取ってしまうんですね。

 

「ポジポジ病」なんていい方をよくします。

 

とにかくポジションを建てずにはいられない精神状態です。こうなると一種の精神疾患みたいな状態と言えるかもしれません。

あとで考えたら無用なリスクをとっていたことに気づきます。

 

一方スイングトレードなら、なぜそこで入るのかどうなったらクローズ(ポジションを仕切ること)するのかを考えやすい。

そういう意味でスイングトレードは初心者がこれからFXをしっかり学んでいこうとするにはぴったりのトレードスタイルだと言えます。

 

スイングトレードはノイズが少ない

FXで利益を安定して上げるにはテクニカル分析が欠かせません。

テクニカル分析とは移動平均線やボリンジャーバンドといった、数学的な指標を使った分析を言います。

 

テクニカル分析にはある程度の優位性がありますが、その優位性は時間軸が長くなればなるほど顕著に現れます。

 

時間軸が短いと、どうしてもテクニカル分析では説明のつきにくいブレやノイズが現れやすくなります。

天才的なトレーダーはチャートばかりを見ずにトレードの気配を感じ取ると言われてます。

でもそれはなかなかトレード初心者には見分けにくいものです。

テクニカル分析でFXに取り組むなら時間軸は長いほうが絶対に良いです。

 

スイングトレードはどれくらいの値幅を狙うのか?

スイングトレードではポジション保持の時間が数日~数週間だと書きました。

数日~数週間の期間だとどれくらいの値幅を想定するのでしょう?

ドル円1時間足チャート

スイングトレードに使いやすいチャートの時間軸は1時間足です。

30分足でもいいかもしれませんが、1時間足は世界中のトレーダーが見ている時間軸なので1時間足をおすすめします。

 

1時間足だとテクニカル分析もハッキリ傾向が出ていることが多いです。

上のドル円1時間足チャートには移動平均線がひかれています。

 

短期の移動平均線が長期の移動平均線を上回ることをゴールデンクロスといい、買いの強いサインとみなせます。

 

ゴールデンクロスをしたあと、押し目を作ったところで買いを入れて、しばらく上昇トレンドに乗り、上昇が落ち着いたところで仕切り。

 

こんなルールで入っていた場合、ポジションを持っていた期間は一週間、途中土日の休みをはさむので、5営業日ポジションを持っていたということになります。

 

このケースで取れる値幅は140pips程度。

1万通貨建てていれば14,000円の利益ですね。

もちろん、10万通貨建てていれば14万円の利益となります。

一週間で14万円取れればまずまずの投資リターンと言えるのではないでしょうか?

 

スキャルピングで利益を積み重ねたほうがもっと取れるかもしれません。

しかし、スキャルピングは一週間で何十回も何百回も売買するわけで、しかも損切りも何度もやる必要があります。

「売ったり買ったり繰り返した割には儲からなかった」

こんなことがスキャルピングトレードにはよくあります。

スイングトレードは一度トレンドに乗ることができればムダな売買を避けることができるというのもメリットに入るでしょう。

 

まとめると、スイングトレードでは

  • 取引回数が少ない=ムダな取引を減らせる
  • じっくり戦略を考えることができ、丁寧な取引になりやすい
  • 気分的に落ち着いていられる
  • テクニカル分析が通じやすい

こんなことが言えると思います。

初心者のかたはまずはスイングトレードのスタイルを検討してみてください。

 

-基礎知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FXってどれくらいの期間で売買完結するの?

今回はFXの取引スタイルについて書きます。 テレビで為替トレーダーの話を見たことがあるでしょうか。 パソコンを前にして為替を購入したと思ったら、数秒~数分後には決済をかけてしまっているスタイル。 数秒 …

FXの口座開設に必要な書類や資格 どんなものがある?

FXに興味があるけど、何から始めたらいいのか? FXを始めようと思っているひとが最初にやっておくことはお金を用意することではありません。 取引口座の開設です。 早く取引をしてみたいという人であっても、 …

FXで1日1万円稼ぐにはいくら必要?

  FXでどれくらい稼ぎたいですか? これに対する回答は無限にあると思います。どれが正解ということもありません。 しかし、FXの無限の可能性を考えれば、生活費を稼げるくらい稼げるようになりた …

FXで売るとか買うとかってどういうこと?

株取引はわかるけれども、FXの取引はピンとこない 為替を売買するってどういうこと? 実際にFXをやっているひとでも、意外とこの辺りの知識ってわかってないんじゃないでしょうか? いや、私もそんなにわかっ …

FXのメリット レバレッジ取引とは?

FXを始めたほうがいいよ!と言われる理由のひとつにレバレッジ取引があります。 レバレッジはテコの原理とも言われます。 テコの原理はご存知ですよね。 力はちょっとで済むのに働く力は大きい。   …